超初心者がXcodeでiPhoneアプリを作る 03 文字の大きさや背景色を変える

icon
Xcode
icon
前回ついにアプリのはしくれみたいなものができました。

さあ次はいきなりゲームでも作ってみましょう、なんてことはムリムリ。

ってことで、前回作ったtest01をベースに、これを少しずつグレードアップしながら、なんとか見てくれもいいアプリにしていく。これがtest01たるゆえんです(意味不明)。


今回は、前回作った「こんにちは、世界!」を表示するだけのiPhoneアプリの、フォントの大きさや背景の色を変えていきます。味気ないアプリちゃんに着せ替えさせてあげる感覚ですかねw。






とりあえず前回作ったtest01のプロジェクトを開きます。
そして「test01ViewController.xib」をダブルクリックして、Interface Builderを起動させます。

Interface Builderが開きました。

Viewウィンドウの「こんにちは、世界!」をクリックして選択状態にします。丸印でかこまれるのが選択している証拠です。

するとLabel Attributesウィンドウが、文字の設定画面になるので、「Font」のところを見ると、「Helvetica, 17.0」となっています。フォント名とフォントサイズですね。ここを変更していきます。
変更するにはクリックします。

するとフォントメニューのウィンドウが開きます。

ここを今回はフォントを「ヒラギノ丸ゴPro」、サイズを「24」にしてみます。

するとViewウィンドウに反映……、あれ? フォントのサイズは変更されましたが、フォントは変わりませんね。どうやら日本語フォントは統一されているようです。

仕方ないので、大きさだけ変更で納得。「Layout」でセンタリングのレイアウトに変更するなどして、体裁を整えます。

こんなかんじです。
さあ続いて、背景の色を変えてみましょう。

文字以外の場所、背景をクリックしましょう。

するとさきほどフォントの設定が出ていたウィンドウが、背景の色などを設定するウィンドウに変わります。
そこに「Background」という項目があり、プルダウンのようになっていて、なにやら今の背景と同じ色の四角が見えます。おもむろにそこをクリック。

すると今度は色を選択するウィンドウが出現します。

好みの色を選択しましょう。

Viewウィンドウに背景色が反映されました。ん〜、これだけでもなんかグレードアップ感がありますね。
保存しておきます。

Xcodeに戻って、「ビルドと実行」をクリックします。

じゃーん、iOSシュミレーターが起動して、iPhone画面の中でアプリが起動、さわやかな色に変身した画面で「こんにちは、世界!」と挨拶してくれます。

ん〜、プログラムを一行も書かないまま、ここまでやれました。
文字を表示するだけのアプリならこれでもう完成ですね。

まあそんなワケにはいかないので、次からもすこーしずつ、すこーしずつ、グレードアップしていきます。


0 件のコメント:

コメントを投稿